大人のための数学講座 in 大阪「計算と無常」

現在、『数学する身体』に続く新潮社からの第二作の執筆に没頭している森田さん。今回の「大人のための数学講座」では、執筆中の著書でまとめつつある内容についてお話いただく予定です。

ユークリッドやデカルト、リーマンやフレーゲら、様々な数学者たちの思考と人生を辿りながら「計算」という概念の形成を追ってきた森田さんの『新潮』での連載を読まれた方も、そうでない方も。「計算」という営為の形成とともに、そこからこぼれ落ちてきたものは何かを問い続ける森田さんに、今回は「計算と無常」と題して、たっぷり三時間お話いただきます。

これまでの「大人のための数学講座」同様、予備知識などは特に必要ありません。初めての方もぜひお気軽にご参加ください。
ぜひお楽しみに!!

●日時
2019年9月22日(日)
14:00-17:00

●会場
O塾 -わ塾-
大阪府池田市菅原町9-10
(阪急電車宝塚線「池田」駅より徒歩5分)

●参加費
5000円

●お申し込み
http://noth.jp/lecture/otona2/21/

●講師
森田真生
1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。また、デビュー作となる『数学する身体』は新潮社から2015年10月に刊行。

大人のための数学講座 『数学の贈り物』刊行記念 in 大阪

森田さんがミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」に季節ごとに五年間連載してこられた『数学の贈り物』が、この3月後半にミシマ社より一冊の本となって発売予定です。

今回はその刊行を記念して、〇塾(わじゅく)で「大人のための数学講座」を開催します。

森田さんが数学から広がる野を進んでいく中で見た風景を、季節の贈り物として読者の方へ届けてこられたこのエッセイ。

これまでの道程と、今、森田さんが見据えている風景を、皆さんといっしょに味わえればと思います。

これまでの「大人のための数学講座」同様、予備知識などは特に必要ありません。

初めての方もぜひお気軽にご参加ください。
(当日会場では発売されたばかりの本もご用意いたします)
◆日時

2019年3月23日(土)
14:00-17:00

◆会場

O塾 -わ塾-

大阪府池田市菅原町9-10
(阪急電車宝塚線「池田」駅より徒歩5分)

◆参加費
5000円

◆お申し込み

コチラ

◆講師
森田真生

1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。また、デビュー作となる『数学する身体』は新潮社から2015年10月に刊行。

絵本『アリになった数学者』刊行記念「数学の演奏会」

2015年の秋に刊行された森田さんの処女作『数学する身体』に続き、今年の夏に、森田さん作の絵本が刊行されることになりました。この度は、そんな森田さん初の絵本の出版を記念して、NOTH主催の「数学の演奏会」を養源寺さんにて開催します!

●日時
2017.8.5(土)
14:00-16:00(休憩時間を含む)

●会場
臨済宗妙心寺派 白華山 養源寺
東京都文京区千駄木5-38-3

続きを読む

森田真生講師の新刊

森田真生講師の新刊が発売されました。

 

「デビュー作『数学する身体』が話題の若き独立研究者、
森田真生による編集と渾身の解説で、農耕と研究に
明け暮れた孤高の天才数学者・岡潔の魅力を炙り出す。
岡の名随筆に加え、食エッセイ、日記、写真、そして
岡夫人による文化勲章騒動記も収録。その素顔とともに、
数学の枠にとどまらない、人間の本質に迫る思考に触れる、珠玉の選集。
いまだからこそ、読みたい。」

新潮社の解説より

 

この機会にぜひ^^

 

◆今後のNOTH講座◆
3/19 大人のための数学 in 東京
3/27 大人のための数学 in 大阪

今後のNOTH

12/6 土
13歳からの相対性理論 vol.2 「モノの見方と物理」(小林)
13歳からの相対性理論 vol.3「動きながらモノを見る」(小林)
うちゅうのおはなし ∅ 「次元ってなんだろう」(小林)
物理十話 「魔術と科学」(江本)
大人のための数学講座 in 大阪「計算史」序説(森田)

12/13 土
親子で楽しむうちゅうのおはなし in群馬 「ビッグバンって何だろう」(小林)
ブラックホールの不思議in 群馬(小林)

12/20 土
大人のための数学講座 in 東京 「チューリングの思想と生涯」(森田)

12/21 日
水の霊獣が宿るとき(久保)

謎解き宇宙論 

これまでの「うちゅうのおはなし」では,宇宙の始まりやその果て,
ブラックホールの内部や次元など,どちらかというと
「誰もがすぐに思いつく疑問」をテーマにお話してきました。

そうした疑問はとても大きく,未だ解決されていなかったり,
解決されていたとしてもそれを理解するには前提となることが
多過ぎたりすることがよくあります。

この「謎解き宇宙論」では,もう少しゆっくり宇宙論を楽しむために,
そうした前提となる知識の一つずつを一回ごとのテーマとして取り上げ,
お話ししていきます。少しだけ数式もお見せしながら,
「なぜそんなことがわかったのか」という謎を解いていく講座です。

nazotoki

●日時
2014.10.11 (土)
16:30-18:00

●参加費
2000円

●お申し込み
コチラ

●場所
「記憶の蔵」
文京区千駄木5-17-3
千代田線千駄木駅 徒歩8分

写真-4.PNG

第一回目のテーマは「距離を測る」です。
宇宙論も他の科学と同様,観測すること,
つまり「測る」ことが研究の出発点となります。

例えば,暗く,か細い光を放つ天体があったとして,
果たしてそれは遠いから暗く見えるのでしょうか。
近いけれどあまり光っていないだけなのでしょうか。
それとも単に小さいだけなのでしょうか。
そもそも光が強いとは,明るいとはどういうことなのでしょうか。

7162452277_1c08719f0c_b

他にも,この太陽系が属する天の川銀河の大きさや,
他の銀河までの距離はどうやって求めるのでしょうか。
また,私たちに一番身近な天体はこの地球ですが,
地球の大きさは紀元前250年頃にはわかっていたと言われています。
そればかりか,月や太陽までの距離もわかっていました。

s17_01

 

7309213060_d585413262_b

実は現代においても,天体までの距離を測ることは宇宙の研究にとって
非常に重要かつ最も基本的なことです。
宇宙の年齢や,宇宙がどうやって膨張しているかといったことも
距離の計測と密接に関わっているのですが,それらはどうやって測られているのでしょう。

410px-Question_in_a_question_in_a_question_in_a_question

 

そんな,「言われてみると確かに…?」という謎を取り上げることで,誰しも思いつく素朴な疑問がどうやって科学の対象になっていくのか,そして謎がどうやって解かれていくのかをご紹介したいと思います。「うちゅうのおはなし」と同じく,数学や物理の知識は前提としませんので,お気軽にお越し頂ければ幸いです。

 

 

●講師
小林晋平

1974年長野県生まれ。

国立群馬工業高等専門学校 一般教科(自然科学)准教授。
専門は理論物理学,特に相対論・宇宙論および量子重力。

1994年 京都大学理学部入学,1999年 卒業。
2004年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。

その後,東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター研究員,日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学およびペリメーター理論物理学研究所にて研究)を経て,現職。

超弦理論を用い,宇宙創成の瞬間に何があったのかを「納得する」ために研究を続ける傍ら,次世代の教育のあり方についても模索している。現在まで5年連続して学生から「群馬高専ベストティーチャー」に選出。

平成23年度群馬高専教育貢献賞受賞,平成25年度群馬高専外部連携貢献賞受賞。平成25年度全国高等専門学校機構教員顕彰(一般部門)の候補に群馬高専代表として選出。

417937_655667331126176_1652811288_n-1
撮影:Noriko Honjo

写真/画像
©Jeriff Cheng
©NASA
©NASA
©Khaydock

新潮2014.10月号

20140905

「数学する身体」「計算と情緒」「繊細と幾何学」に続く
第四作「零の場所」が掲載された『新潮』(10月号)が発売されました。
ウェブ上では本日から、冒頭部分だけ「立ち読み」できるようです。
ぜひお読みください☆

◆森田講師のNOTH講座

9/20 大人のための数学講座 in東京
9/28 大人のための数学講座 in 大阪