大人のための数学講座 in 東京

これまで名古屋や京都で定期的に開催されきた、森田講師の「大人のための数学講座」ですが、今年からNOTH主催で、大阪でスタート。今月ですでに5回の講座が開催されました。そんな大人気の講座が、ついに東京でも開講!!

6262

今回のテーマは、
森田氏が敬愛する数学者・岡潔の生涯と思想について。
3時間かけてたっぷりと解説をしていただきます。

岡潔はなぜ、30代半ばから世間との交渉を断って故郷の山中、数学に耽ったのか。「数学の中心にあるのは情緒」、「計算も論理もない数学をしたい」などの、謎めいた発言の背景には、どのような思想があったのか。岡潔の生涯をたどりながら、数学における「計算と情緒」について、熱く語っていただきます。

DSC01919

今回は特別に、森田氏の講座初参加という方に向けた丁寧なレクチャーになります。これまで森田氏の講座に参加されたことがない方は、ぜひこの機会にご参加ください。もちろん、すでに森田氏の講座に何回も参加されているという方も大歓迎です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

7ed88022367108de905488c48f6eb4df

日時:2014.8.30(土)10:00-13:00
参加費:4000円
お申し込み:コチラ

場所:記憶の蔵

文京区千駄木5-17-3
千代田線千駄木駅 徒歩8分

photo1-2

写真-4.PNG

講師;森田真生

1985年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。「数学と情緒」(『考える人』2013年夏号)、「数学する身体」(『新潮』2013年9月号)、「計算と情緒」(同 2014年1月号)など、数学に関する評論のほか、『週刊朝日』にてコラムも連載中。

 

moritasan profile

 

広告

たくらみゼミ

数学の話題を中心に、森田氏が「生きること、”私”という概念を再構成すること」をテーマに毎回トークを展開してきた「たくらみゼミ」は、2011年の4月にスタートして以来、3年にわたって好評を博してきました。毎回、荒川修作の手がけた「三鷹天命反転住宅」を会場に、知的熱気漲るゼミが開催されています。

今回は「フランシスコ・ヴァレラの思想と生涯」
連続講座ではありませんので、はじめての方も、
ぜひお越しくださいませ。

日時:2014.5.31 14:00-17:00

場所:三鷹天命反転住宅
(玄関扉をあけてすぐ右のお部屋です。
スタッフが待機しております。)

参加費:5000円
(当日会場でお支払いくださいませ)

お申し込み:コチラ

 

FJV&Sign

 

「フランシスコ・ヴァレラの思想と生涯」

「心」や「生命」を「わかる」ために、既存の科学のアプローチを抜本的に考えなおす必要がある、ということを、最晩年訴え続けた数学者・岡潔。その岡潔について精力的に調査をし、これまでにも発表をされてきた森田講師が、今回はじめて、生物学者のフランシスコ・ヴァレラ(1946-2001)を、語ります。
フランシスコ・ヴァレラもまた岡潔と同じように、「心」や「生命」にアプローチするために、既存の西洋の科学、哲学の伝統に飽き足らず、それを補完する「実践」の方法を東洋的思惟の伝統に求めた人物です。

 

upaya

 

フランシスコ・ヴァレラとはいったいどのような人物で、その短い生涯の彼方に彼は、どんな科学の未来を夢想していたのか。森田講師に、たっぷりと語っていただきます。

森田講師のトークのあとには、東京大学でフランシスコ・ヴァレラの思想をご専門に研究されている下西風澄氏をゲストに迎え、専門家の視点からもヴァレラを語っていただく予定です。

どうぞお楽しみに!!

【タイムスケジュール】
14:00-15:50 森田真生トーク
16:00-17:00 下西風澄×森田真生 トーク

 

EM01

講師:森田真生

1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。「数学と情緒」(『考える人』2013年夏号)、「数学する身体」(『新潮』2013年9月号)、「計算と情緒」(同 2014年1月号)など、数学に関する評論のほか、『週刊朝日』にてコラムも連載中。

http://choreographlife.jp

moritasan profile

 

 

講師:下西風澄

1986年生まれ。東京大学大学院iii博士課程在籍。ESMOD JAPON非常勤講師。専門は科学哲学。生命論、身体論、認知科学の領域を中心に、システム論的アプローチ/現象学的アプローチから生命や意識を探る哲学研究。 具体的には、F.VarelaやE.Thompsonを中心とした「現象学の自然化」をめぐる諸問題の検討。
http://kazeto.jp/

 

SONY DSC