音語り クリスマス篇 🎄vol.2

音語りとは?

【日時】

2019.12.14(土)
①午前の部 with kids 11:00~12:00 【お申込み コチラ

昼食をお持ちいただき、終了後、会場でお召し上がりいただくこともできます。🍵🍱
乳幼児もウェルカムです!👶👦👧

 

②午後の部 with kids 14:00~15:00 【お申込み コチラ

乳幼児もウェルカムです!👶👦👧

 

③夕方の部 17:00-19:00 【お申込みコチラ

※ 19:00〜「スナックあかり」特別 open!!!!!

お時間のゆるす限り、ゆるゆるとお楽しみくださいスナックだけのご来店も可能です☆

 

④2019.12.17(火)夜の部 19:00~21:00 【お申込み コチラ

 

【会場】「そら塾

東京都台東区根岸3-13-25

●JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分
●メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分
●都バス上26系統(上野公園~亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分
●台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分

 

 

【演奏曲目】
・ボッケリーニ / ヴァイオリン二重奏 op.5-1
・モーツァルト / ヴァイオリンソナタ KV.378
・レスピーギ / 「シチリアーノ」
・ロッシーニ / 「セビリアの理髪師」序曲
・シュトラウス / 「美しき青きドナウ」
・ブラームス /子守唄
・シューベルト / 子守唄
・みんなで歌おうクリスマスソングメドレー♪
(ジングルベル、きよしこの夜、もみの木、
あわてんぼうのサンタクロース、もろびとこぞりてなどなど)

※曲目は都合により変更になる可能性があります。

 

【参加費】
① or ②

大人 2500円(パパママでご参加いただける場合は、ファミリー割引1000円)
小学生 1000円
中高生、大学生 1500円
乳幼児 無料

③ or ④
大人 3500円
小学生 1500円
中高生、大学生 2000円

(どの回も クッキーと、ハーブティー or ホットワイン付!)

※小さいお子さまは必ず保護者の方もご参加ください

 

【講座内容】

広く一般に音楽に親しんでいただけたらと始めた「音語り」も、早いもので6年ほど経ちました。手探りで始めた当初から様々な場面で演奏してきた廣海史帆さんと共に、ヴァイオリン二重奏をたっぷりとお届けいたします。ボッケリーニの爽やかな隠れた名曲から始まり、セビリアの理髪師小犬のワルツ美しき青きドナウなど耳馴染みのある曲、そしてクリスマスメドレーなど、盛り沢山。前回好評をいただきました赤ちゃんも一緒にお楽しみいただける回は、二公演設けました!おもちゃの楽器で一緒に合奏しましょう!また音語りは、色々な垣根を払い、音、人、町、建物がとけ合い交差する場になればという願いから、今回は、モデルの鎌田あかりさんをお招きし、二日公演の初日の最後に「スナックあかり」を特別open!!!! 2019年を振り返りながら、師走のあたたかなひとときを、音楽と語らいと共に皆さんとゆるりと過ごすことができたら幸いです。下町にひっそりと佇む長屋で、ミニクリスマスコンサートをお楽しみください。

【出演】

デュオ・キルシェ

・廣海 史帆(ヴァイオリン)

東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学大学院修士課程古楽科を修了。これまでに、佐々木晶子、久合田緑、田中千香士、原田幸一郎、若松夏美、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。2008年、第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞し、その記念リサイタルを行う。2007、08年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団よりスカラシップを受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加する他、古楽、モダンを問わず様々な演奏活動をしている。

・本郷 幸子(ヴァイオリン)

都立小石川高校、東京藝術大学、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学を卒業。ドイツヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場オーケストラにて勤務。これまでに札幌 Pacific Music Festital(PMF)、ドイツ シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、フランスナント市 ラ・フォル・ジュルネ音楽祭などに参加。8年のドイツ生活を経て、2010年帰国。現在、上野学園大学ヴァイオリン科非常勤講師、横浜シンフォニエッタ シーズンメンバー、4スタンス身体理論 Reashトレーナー。寺子屋 NOTH.JPでは、広く一般に、音楽を楽しみ深めていただく場として、講座「音語り」を開催。9ヶ月の赤ちゃんの駆け出しママとしても日夜奔走中。


©︎Noriko Honjo

・柿本琥太郎(ヴァイオリン)

小学3年生。(11:00からと14:00の回で少しだけ演奏するよ!聞きに来てね!)

 

・鎌田あかり(スナックあかり)

大学卒業後モデルになりショーや雑誌、CM等に出演。現在は美容系のお仕事が中心。同時に週に3日ほどメンタルクリニックで受付事務を兼務。そのおかげもあり『もしや自分はひとと接するのが好きなのでは…』という幸せな勘違いが生じ、この秋から西荻窪の書店BREWBOOKSさんにて月イチの本屋スナック「スナックあかり」のママとしてママ業スタート。一人娘のママでもあり、ママと呼ばれると自ずと反応します。好奇心は広いが浅い。心理・哲学・お能・占星術界隈の浅瀬をちゃぷちゃぷ。実はお酒は普段全く飲まないので、スナックママとして、お酒の研究はまだまだこれから…乞うご期待!

「右の色と左の色の間に在る色を探しに- 創造するための小さなステップ」

ScienceとArtの架け橋となるSTEAM
(Science, Technology, Engineering, Art, and Mathematics.)
本講座は、Artのもつ創造性を発展させようとする新しい試みです。
『これからの教育』の道しるべとなる講座の1つ。
小学生から大人の方まで、どうぞご参加ください。

※講座中に簡単な絵を描きますが、材料等は当日こちらで準備いたします。

●日時
2019.11/17 (日) 14:00-16:00

●会場
そら塾 台東区根岸3-13-25

・JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分
・東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分
・都バス上26系統(上野公園~亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分
・台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分

●参加費
大人2500円 / 高校生以下1500円 /親子3000円
(別途材料費1000円)

●お申込み

http://noth.jp/event/migitohidari/

 

●講座内容
創造する、すなわちCreateする力(Creativity)は、OECD(経済開発協力機構)が新時代の教育に求められる能力やカリキュラムを提言したEducation 2030のSkillsや、WEF(世界経済フォーラム)が提言する、2020年以降に求められるTop10のスキルにも加えられている程、重要な能力の一つです。しかし具体的にどのようなことをすれば能力が伸びるのか、測定が可能であるのかははっきりと分かっていません。本講座では、この掴み所のない創造する力の開発の一助となるべく、絵を描くことを通して、講座の参加者皆さんと創造する過程を検討していきます。
絵を描くのは苦手だ…得意ではない…と思った方、それは目の前のものを、目の前のものらしく描くことを求められる機会が多かったからではないでしょうか?目の前のものをらしく描くには、もしかしたらコンピューターを使い、写真で撮影する方が手っ取り早いかもしれません。敢えて人が手で描くということは、目の前のものと自身との間にあるイメージや経験、関係性を掘り下げていく=創造していく過程を生じさせることになります。ものともの間、ものと自身の間には無限の可能性が広がっています。創造次第ではおそらく驚くほどの発見や結果が出てくるかもしれません。そんな創造する行為の一端を、講座を通して少しずつ体感してみましょう。

●講師

原木 万紀子 Haragi Makiko

2012年 東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 美術解剖学研究室 修士 課程修了。
2016年 東京大学医学系研究科 社会医学専攻 医療コミュニケーション学教室 博士課程 修了。博士(医学)取得。
2016年より、立命館大学 共通教育推進機構 特別招聘准教授。
修士在学時に解剖学と美術の知識を生かし、形成外科・美容外科の医師の下、メディカルイラストの制作を担当。 医療や科学分野の情報伝達におけるビジュアルの効果・役割に関心を寄せ、博士課程にて研究に従事。現在は、ビジュアルを用いて、裁判員裁判におけるイラストレーション化(科研)に従事しているだけでなく、米国で着手され始めた科学分野とArtを融合させ、相互理解と創造性をはぐくむ(STEAM(Science, Technology, Engineering, Art, and Mathematics. )や、Arts分野が持つCreativityな能力の伸ばし方・活かし方の方法論についても模索中。

《これまでの著作》
伝わる医療の描き方
〜患者説明・研究発表がもっとうまくいくメディカルイラストレーションの技術-

芸術と情報のあいだ-情報を描写するインフォグラフィックスの素描-

この日の学校 森田真生 × 甲野善紀

 

身体を通して、人間にとっての「自然」と「自由」を探究し続ける古武術研究家の甲野善紀氏に中学生のときに出会い、在野で研究を続けるその姿に感化された森田真生氏は、やがて「独立研究者」を名乗り、独自の活動をはじめることになりました。この二人が、2009年の9月に立ち上げ、今年で十周年を迎える学びの場が「この日の学校」です。
カリキュラムもなく建物もなく、移動し続けながらその日、その日に立ち上がるこの学びの場では、「生きること」「学ぶこと」についての根本的(ラディカル)な対話がいつも繰り広げられます。
今回の対話のテーマは「身体のリミッターを解除する」です。目まぐるしく変動し続ける混沌とした現代において、いかにすれば固着した「身体」の限界を突破できるか。お二人のそれぞれ立場から徹底的に話していただきます。
当日、お二人の間にどんな化学反応が起こり、どんな対話が繰り広げられるのか。それは「この日」が来るまでわかりません。
みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

●日時
2019.10.12(土)14:00-17:00

●会場
東江寺
渋谷区広尾5-1-21
日比谷線「広尾駅」下車5分
(広尾商店街直進、瑞泉山山門を入って、右側に東江寺山門があります)

●参加費
5000円

●お申し込み
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n91b10gvdzr.html#accept

●お問い合わせ
https://lolipop-2484e8dcabde73c8.ssl-lolipop.jp/contact/

出張音語り in ICU シーベリーチャペル

シーベリーチャペルは、国際基督教大学(ICU)キャンパスの片隅に、木立に囲まれてひっそりとたたずんでいる小さな白い礼拝堂です。名称の由来となったルース・イザベル・シーベリー女史は大学設立に功績があった教育者・伝道家でした。学生たちが心を落ち着け瞑想にふけることができるような小ぢんまりとした礼拝堂をキャンパス内に設けたいという彼女の願いがかなえられる形で、チャペルは1959年に完成しました。

この建物はヴォーリズ建築設計事務所設計のユニークなデザインの建築遺産でもあるのですが、近年は随所に経年劣化が見られるようになりました。何とか再生を図りたいということで、昨年入学50周年を迎えた16期卒業生有志が補修・再生のための募金を始めたところ、多くの方々の共感を呼んで期待を大きく超える寄付が集まりました。
その寄付をもとに今年3月に第1期の改修工事が完了し、改装なったチャペルに再生の息吹を吹き込もうという活動の一環として、このたびのコンサートは企画されました。

ICUは、とても緑豊かな広く美しいキャンパスで、チャペルへの道もまるで森の中に入っていくようです。休日すこし足をのばして自然に癒されたい、弦楽器の生演奏にたっぷり浸りたいという方にピッタリの演奏会です。はじめての方も、ぜひご参加ください。

●日時
2019.9.28(土)14:00開演
(13:30開場)

●会場
「シーベリー記念礼拝堂」
国際基督教大学(ICU)キャンパス内
JR中央線、武蔵境駅南口/三鷹駅南口 から小田急バス国際基督教大学行きで終点下車
[所要時間:武蔵境駅南口から12分 / 三鷹駅南口から20分]

●入場料
一般 3500円 / 学生2000円
(懇親会茶菓子付き)
※公演の収益はシーベリーチャペル募金に捧げさせていただきます。

●お問い合わせ・お申し込み
大西直樹
メールアドレス:onishi@icu.ac.jp
メールでのみ予約受付。お名前(フリガナ)、お申込人数、Eメールアドレスをご明記ください

●演奏曲目
ロンベルク(1767−1841):モーツァルトの主題による変奏曲
モーツァルト(1756−1791):ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 K.423 ト長調
ビーバー(1644-1704):「ロザリオソナタ」よりパッサカリア
コダーイ(1882−1967):ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲

 

●出演
・本郷幸子(ヴァイオリン)

東京都出身。東京藝術大学、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学を卒業。ドイツ・ヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場オーケストラにて勤務。これまでに札幌 パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)、ドイツ・シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、フランス・ナント市ラ・フォル・ジュルネ音楽祭などに参加。現在は、上野学園大学非常勤講師として後進の指導をしながら、指揮者の山田和樹率いる横浜シンフォニエッタなどのアンサンブルを始め、幅広く演奏活動をしている。また寺子屋NOTHにて講座「音語り」を企画・運営。物理、医学、美術など異分野とのコラボーレーションも好評を得ている。4スタンス身体理論REASHトレーナー。

・佐藤翔(チェロ)
埼玉県出身。16歳よりチェロを始め、桐朋学園短期大学部を経て桐朋学園大学卒業。パシフィック・ミュージック・フェスティバル2008等に参加。東京オペラシティ文化財団主催“音楽の「たまて箱」”等に出演。2016年より桑原ゆう氏(作曲)と「“げん”結び―音楽と文学―」を立ち上げアーツカウンシル東京の助成を受け、計8公演を開催。2018年には平林知子氏(ピアノ)とデュオリサイタル「アイヱンキヱン◀︎西へ、東へ。▶︎」を東京と京都にて開催。sonorium共催シリーズ「映像と音楽」、本條秀太郎氏(三味線)、光ヶ丘女子高校合唱部(愛知)、青年劇場をはじめ、ジャンルにとらわれず幅広く演奏活動を行う。足利カンマーオーケスター団員。

主催:ICU16期コンサート実行委員会
共催:寺子屋 NOTH.JP
後援:国際基督教大学

音語り公開レッスン&リハーサル

●日時

8/7 水 10:00-12:00,13:00-19:00(何れも2階大)第1スタジオ
8/8 木 13:00-16:00(2階大)第1スタジオ
8/8 木 16:00-20:00(1階)第3スタジオ
8/9 金 14:00-20:00(1階)第3スタジオ
8/10 土 10:00-12:00(2階大)第1スタジオ
8/10 土 13:00-17:00(1階)第3スタジオ

※12:00-13:00 は昼休憩です

続きを読む