「右の色と左の色の間に在る色を探しに- 創造するための小さなステップ」

ScienceとArtの架け橋となるSTEAM
(Science, Technology, Engineering, Art, and Mathematics.)
本講座は、Artのもつ創造性を発展させようとする新しい試みです。
『これからの教育』の道しるべとなる講座の1つ。
小学生から大人の方まで、どうぞご参加ください。

※講座中に簡単な絵を描きますが、材料等は当日こちらで準備いたします。

●日時
2019.11/17 (日) 14:00-16:00

●会場
そら塾 台東区根岸3-13-25

・JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分
・東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分
・都バス上26系統(上野公園~亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分
・台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分

●参加費
大人2500円 / 高校生以下1500円 /親子3000円
(別途材料費1000円)

●お申込み

http://noth.jp/event/migitohidari/

 

●講座内容
創造する、すなわちCreateする力(Creativity)は、OECD(経済開発協力機構)が新時代の教育に求められる能力やカリキュラムを提言したEducation 2030のSkillsや、WEF(世界経済フォーラム)が提言する、2020年以降に求められるTop10のスキルにも加えられている程、重要な能力の一つです。しかし具体的にどのようなことをすれば能力が伸びるのか、測定が可能であるのかははっきりと分かっていません。本講座では、この掴み所のない創造する力の開発の一助となるべく、絵を描くことを通して、講座の参加者皆さんと創造する過程を検討していきます。
絵を描くのは苦手だ…得意ではない…と思った方、それは目の前のものを、目の前のものらしく描くことを求められる機会が多かったからではないでしょうか?目の前のものをらしく描くには、もしかしたらコンピューターを使い、写真で撮影する方が手っ取り早いかもしれません。敢えて人が手で描くということは、目の前のものと自身との間にあるイメージや経験、関係性を掘り下げていく=創造していく過程を生じさせることになります。ものともの間、ものと自身の間には無限の可能性が広がっています。創造次第ではおそらく驚くほどの発見や結果が出てくるかもしれません。そんな創造する行為の一端を、講座を通して少しずつ体感してみましょう。

●講師

原木 万紀子 Haragi Makiko

2012年 東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 美術解剖学研究室 修士 課程修了。
2016年 東京大学医学系研究科 社会医学専攻 医療コミュニケーション学教室 博士課程 修了。博士(医学)取得。
2016年より、立命館大学 共通教育推進機構 特別招聘准教授。
修士在学時に解剖学と美術の知識を生かし、形成外科・美容外科の医師の下、メディカルイラストの制作を担当。 医療や科学分野の情報伝達におけるビジュアルの効果・役割に関心を寄せ、博士課程にて研究に従事。現在は、ビジュアルを用いて、裁判員裁判におけるイラストレーション化(科研)に従事しているだけでなく、米国で着手され始めた科学分野とArtを融合させ、相互理解と創造性をはぐくむ(STEAM(Science, Technology, Engineering, Art, and Mathematics. )や、Arts分野が持つCreativityな能力の伸ばし方・活かし方の方法論についても模索中。

《これまでの著作》
伝わる医療の描き方
〜患者説明・研究発表がもっとうまくいくメディカルイラストレーションの技術-

芸術と情報のあいだ-情報を描写するインフォグラフィックスの素描-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中