音語り公開レッスン&リハーサル

●日時

8/7 水 10:00-12:00,13:00-19:00(何れも2階大)第1スタジオ
8/8 木 13:00-16:00(2階大)第1スタジオ
8/8 木 16:00-20:00(1階)第3スタジオ
8/9 金 14:00-20:00(1階)第3スタジオ
8/10 土 10:00-12:00(2階大)第1スタジオ
8/10 土 13:00-17:00(1階)第3スタジオ

※12:00-13:00 は昼休憩です

●会場
スタジオ アンダンティーノ
東京都北区田端5-1-12 Villa Andantino
JR田端駅 北口改札より徒歩3分

https://studio-andantino.com/access.html

※駅からかなり急な階段です・・・。
田端文士村記念館の方をぐるっと回ると
階段は登らずにすみます(距離は遠くなります)
※会場では靴を脱いでスリッパに履き替えていただきます。
※トイレは一つございます。
※楽器を守るため、冷房を強くかけるので、
冷え性の方は、恐縮ですが、羽織るものをお持ちくださいませ。

第1スタジオ(普通のドア)

わかりにくいのですが、ぐるっとまわって建物の右側面にあります。

第3スタジオ(自動ドア)

●参加費

1500円/day (出入り自由)

●お申し込み

必要ありません。直接お越しください。

●内容

811日のコンサートのためのリハーサルを公開します。世界の第一線で活躍するヴィオラ奏者 村上淳一郎さんと、これから羽ばたいていく若き演奏家たちが、数日間共に音楽とじっくり向き合います。村上さんのふとした一言、説得力のある音色で、まるで魔法のように音楽がみるみる息づき、変化していきます。演奏家が、どのように楽譜を読み込み、音楽と向き合い、一体となっていくのか。どのように音に熱を加え、色をつけ、命を与えていくのか。そのプロセスを見ることは、他の分野にも共通し、発見があることと思います。少し聞いてみたいなという方も、一日中たっぷり浸りたいという方も大歓迎。質問も出入りも自由。音楽の専門的な内容に留まらず、様々な視点から、様々なことを音楽を通してみんなで考える音楽寺子屋です。この貴重な機会をお聞き逃しなく。

【曲目】

モーツァルト(1756-1791)
魔笛(ヴィオラ四重奏版)
ケーゲルシュタット・トリオ

ブロッホ(1880-1959)
弦楽四重奏のためのプレリュード
山にて
風景
prayer

ヘブライ組曲

※曲目は都合により変更になる場合がございます

 

 

【スケジュール】

※概ね以下の通りですが
リハーサルの進み具合により、時間や
順番が変更する場合がございますので
予めご了承くださいませ。

8/7 水

(すべて、田端 2階大)

10:00-12:00 ヘブライ組曲
13:00-15:00 ケーゲルシュタット
15:15-16:50 プレリュード、風景
17:00-18:50 魔笛

 

8/8 木

(田端2階大)

13:20-14:30 ケーゲルシュタット
(※必要であれば。必要なければクァルテット。
13:00から会場入れる。昼休憩終わり次第)
14:30-15:50◆レッスン(ラロ/チェロ協奏曲 )

・・・1階へ移動・・・

16:00-17:30 クァルテット
17:30-20:00 魔笛

(田端1階)

 

8/9 金

14:00-15:15 ◆レッスン(グラズノフ / ヴァイオリン協奏曲)
15:30-16:30 ◆レッスン(モーツァルト / ヴァイオリン協奏曲第5番)
16:45-17:45 クァルテット
17:45-19:50 魔笛

(田端1階)

 

8/10 土

10:00-12:00 ヘブライ組曲

(田端2階大)

・・・・・1階へ移動・・・・・

13:00-14:15 ◆レッスン
(ホフマイスター/ヴィオラ協奏曲、オーケストラスタディ)
14:15-16:50 全曲(必要に応じてどれか)

(田端1階)

 

【講師】
村上 淳一郎(ヴィオラ)
‘77年生まれ。桐朋学園大学卒業。ヴィオラを店村眞積、室内楽を山崎伸子、ゴールドベルク山根美代子、原田幸一郎、の各氏に師事。サイトウキネンフェスティヴァル、宮崎音楽祭、木曽音楽祭、大垣音楽祭、倉敷音楽祭、湯布院音楽祭、小布施音楽祭、等に出演。東京シティフィルハーモニー、大阪フィルハーモニー、仙台フィルハーモニー、等で客演首席奏者を務める。2004より文化庁新進芸術家海外派遣員としてイタリア、フィレンツェに留学。ケルビーニ音楽院でヴィオラをアウグスト,ヴィスマーラ氏に師事。大垣音楽祭最優秀新人賞、東京室内楽コンクール第1位、2005年、トリエステ国際コンクール第1位(イタリア,トリエステ) 当時のイタリア大統領チャンピ氏より金メダルを授与される他、イタリア全土、ヨーロッパ各地で計60回のコンサートを提供される。2008年、ヴィットリオ,グイ国際コンクール第1位(イタリア,フィレンツェ)、現在、ドイツのケルンWDR交響楽団ソロヴィオリスト。ゲヴァントハウス管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、バンベルク交響楽団、等でゲスト首席奏者として出演している他、ソリスト、室内楽奏者として、ヨーロッパ各地で活動。在独。

広告

音語り公開レッスン&リハーサル」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 音語り 〜ヴィオラ奏者 村上淳一郎さんをお迎えして〜vol.4 | つれづれ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中