うちゅうのおはなし Φ 第2話

宇宙は古の昔から私達人間の興味を惹きつけてきました。人は星の並びに星座を見、そこに美しい神話の世界を創造しました。宇宙の魅力は現代でも全く衰えることがなく、ブラックホールや宇宙の始まり、そして時間とは何か、空間とは何かといった究極の問題まで、私達に提示し続けています。
「うちゅうのおはなし」では、そんな宇宙の謎や、それに迫る科学の姿をわかりやすくお話しします。数学や物理の知識は必要ありませんので、お子様から大人の方までお楽しみいただける講座です。皆さんも、ロマン溢れる宇宙の世界に思いを馳せてみませんか。

1394003_554228854644707_495279065_n

日時:2014.8.24(金) 14:00-15:30
参加費:2000円
お申し込み:コチラ

場所:「記憶の蔵」 
文京区千駄木5-17-3
千代田線千駄木駅 徒歩8分

photo1-2

写真-4.PNG

ブラックホールは相対性理論からその存在が予言された天体で,
様々な観測によって,その実在も確実視されています。
おそらくほとんどの方が「ブラックホールは何でも吸い込んでしまう
穴のようなもので,中に入ると光でも脱出できない」と
聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかしよく考えてみると不思議なことに気が付きます。
ブラックホールは太陽のように自らの光で輝いているわけでは
ありません。では地球や火星のように,他の星の光で照らされて
いるのかというと,それもあり得ません。なぜならブラックホールは
全ての光を吸い込んでしまい,何も反射しないからです。
ならばどうやって,ブラックホールを観測するのでしょう。

750px-BlackHole

今回のうちゅうのおはなし・Φでは,その「見えない天体」を
観測する方法や,光がブラックホールから出てこられないのは
なぜなのかを難しい数式は用いずにわかり易く説明します。
さらに,10次元のブラックホールなど,超弦理論とブラックホールの
関係についてもご紹介したいと思います。
謎の天体・ブラックホールの不思議をお楽しみ下さい。

(昨年の「うちゅうのおはなし」のアンコール講座です。
以前の内容に,小学生向けの講座で人気だった内容や,
放送大学・群馬高専などの講座でご好評を頂いた内容を加え,
再編成してお届けします。)

講師:小林晋平

1974年長野県生まれ。

国立群馬工業高等専門学校 一般教科(自然科学)准教授。
専門は理論物理学,特に相対論・宇宙論および量子重力。

1994年 京都大学理学部入学,1999年 卒業。
2004年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。

その後,東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター研究員,日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学およびペリメーター理論物理学研究所にて研究)を経て,現職。

超弦理論を用い,宇宙創成の瞬間に何があったのかを「納得する」ために研究を続ける傍ら,次世代の教育のあり方についても模索している。現在まで5年連続して学生から「群馬高専ベストティーチャー」に選出。

平成23年度群馬高専教育貢献賞受賞,平成25年度群馬高専外部連携貢献賞受賞。平成25年度全国高等専門学校機構教員顕彰(一般部門)の候補に群馬高専代表として選出。

417937_655667331126176_1652811288_n-1
撮影:Noriko Honjo

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中